ぱんだこ

筆者イチハラの独断と偏見にまみれたゲームプレイ雑記

「Item shop」プレイ感想

製作者さまサイト:

digital-gene.com

「アイテムショップ」はまんぷくマルシェのような経営シミュレーションゲームですが、キャラ同士の掛け合いや会話等を一切取っ払ったシンプルを極めたゲームと言えます。酒場のマスターやミミという猫からヒントを得るくらいで主人公は喋りませんし買い物客も喋りません。そしてレシピもシンプル。
疲れた時にはこのくらいシンプルなのが調度良いのかもしれませんね。但し……。

f:id:ichizm:20171114125023j:plain

更新頻度もかなり頻繁で常に色々追加されている状態です。(最終更新11/6)
アイテム合成も二種類だけなので基本的に頭は殆ど使いませんが問題点が一つ。

プレイ感想はとにかく「金!金!金!」です。あっ、カネじゃないですキンです。
金鉱石がとにかく入手しづらいんです。採取してくれる冒険者は名声によって増え、最終的に8人になるんですがその内金鉱石発見のチャンスのあるファーエ山に行けるのは3人のみ。そしてファーエ山の探索時間は三時間ととっても長い放置が必要になります。ラクリマ川(30分)ヴェルデの丘(2時間)でも仕入れ記録はありますが、レシピ埋めは金が難所でしたね。

やること出来ることはかなり少ないのですが更新頻度の高さからこれからに期待です。

「GERO」略し方これで大丈夫?

ファミ通の記事:
app.famitsu.com

バンナムが初スマホRPGとして「GOD EATER RESONANT OPSゴッドイーター レゾナントオプス)」を配信決定。事前登録で報酬が豪華になるキャンペーンをしているみたいです。というのが迷惑メールに入っていたので思うところをツラツラ。ちなみに事前登録を今見たら70,000人は達成していましたよ。
GOD EATER MOBILEやONLINEはスマホ作品扱いじゃないのかな……?)

GEは2010年にバンナムから発売されているシリーズでわたしがプレイしたことのあるものはGEBとGE2のみです。PSPで遊びました。プレイ日記はGAMEにまとめてあるのでお暇な方はどうぞ。
プレイしたGEBとGE2をざっくり説明すると、GEB神ゲー、GE2はクソゲーです。

pandaco.hateblo.jp

特にGE2プレイ後は暗黒面に堕ちそうになり、GEBで養われた信者力を一気にアンチへと転化させるほどの超絶クソゲーっぷりを見せつけてくれましたので、わたしはここのゲームに今後一切期待することは止めました。
実際防衛班の帰還とかいう実質追加課金要素とかバースト商法をPSPでは出さなかったとか、視聴者置いてけぼりなのに事前情報必須な誰得アニメを作っていましたので見切りは早い方が良かったというところです。

f:id:ichizm:20171108120238j:plain

現段階でもなんというか特定の層向けに熱心に作品を媚び続けているみたいですね。設定ドコー?
あっ、すみません。悪口で〆させていただきます。

「パズドラ」供養感想

1600日以上惰性で続けたパズドラを遂にアンインストールしました。まんくるぽ。

はっきり言って供養もしたくないし感想も特に書くこともないんですが、ガンホーは何故いつも同じ間違いを繰り返すのかとRO時代から思っています。そして辞める理由はいつだって飽きたんじゃなくて、疲れたという平坦な理由。

インフレはしょうがないから目を瞑るとして、ユーザに対する嫌がらせがひどい。ダンジョンギミックは増える一方。ギミック解除のスキルをガチャで出すマッチポンプ。ダメージ吸収というコンボ全否定。マルチ前提レーダー前提というソシャゲ否定。降臨を素材扱いする脱法進化の乱発云々。

パズドラもROも長寿なイメージがあるんですがそもそもガンホーって初動(開発)はいいんですが起こった諸々の問題の解決や対応を超細長く先延ばしにして延命している(と見せかけている)だけで初期修行僧しか残らず新規参入も見込めなくなった段階を長々と放置し続けているだけn(サーバーとの接続がキャンセルされました)

「FEH」と「KHUX」から見える問題点

結論だけ言うと「ガチャ引いて育てるしか楽しみがない」ということです。
(※個人の感想です)

いやねガチャが悪だと言うつもりはないんです。売上のほぼ全てですからね。
だから引かせたくなるというのは悪ではないですし、寧ろ売上を伸ばすのは絞ったりとかそういうことも当然必要だとは思うんですよ。排出確率が0.2%とか一点狙いは沼とか、それもまた然りなんですよ。データを売ってるわけですし。

データを商品として売っている以上、そのデータに関してはチェックを怠ってはいけないと思うのですが、KHUXが原作無視のキーブレードメダルをぽーいとガチャに投下したり、既存メダルと全く同じ絵柄の限定メダルを出す(修正予定と予告)(但しガチャに追加済みから一週間後予定)なんてチェックのゆるゆるなことをしていると、そのガチャすら楽しみではなくなります。

pandaco.hateblo.jp

ガチャしか楽しみがないのに当のガチャがポンコツを極めているというのは致命的で、更にソシャゲ特有のインフレに巻き込まれた日には目も当てられません。その最たる例が恐らくFEHと思われます。

FEH、ファイヤーエムブレムヒーローズは2017年2月2日に配信されたインテリジェントシステムズ開発・任天堂発売による、シリーズの第15作目となるSRPGです。シリーズ自体にかなりの歴史がありますからリリース前はかなりの評判でしたが開けてみれば覚醒・ifキャラ優遇の販促ゲームでした。

f:id:ichizm:20171030121948p:plain

そして既にインフレは末期です。

他のソシャゲでは一年二年かけてするインフレを既にやらかしているFEHは、4月にイースター、夏は水着、ハロウィンとコスプレをさせその度にインフレ。既存キャラへの救済は一切なく、新規キャラ(シリーズ偏りあり)をガンガンガチャへ投入。苦労してガチャを引いても数ヶ月否数週間後にはインフレして使い物にならなくなるかもしれないという一抹の不安をふっ飛ばし、全てをぶちころがす環境キャラをあっけなく入れてしまうところがインフレ末期を感じさせてくれます。

FEというシリーズが好きでキャラに愛着があって愛でたい強くしたいと思っている人ほどガチャに落胆する日々ではないでしょうか。「FEH 問題点」で検索すればかなりたくさん出てきますし、恐らく前評判と任天堂初のソシャゲということでプレイしている人も多かった筈です。

「ガチャを引いて育てるしか楽しみがない」のにも関わらず、
「インフレに逆らえない」ので「ガチャを引く意味がない」んですよね。

ちなみに今回のアイラ炎上(新ガチャ三連続)(事前告知なし)(既存弱キャラと新強キャラ抱き合わせ)に関しては、わたしはふーんとしか思いませんでした。ふーん任天堂もそういうことやるんだーという感じです。
今度どうぶつの森も11月下旬に出るらしいんですが、そういう目線で見ていきたいと思います。

「大繁盛! まんぷくマルシェ3」メインビジュアルを公開!

製作者サイト様:blog.asobox.co.jp

待ってたぜ! やったぜ! もう2から1年程経っているとのこと。ビジュアルを見る限り後ろにキャラが増えておる……?!

フォトカード【ブーケガルニ】

サイト内見てたら公式グッズ販売とかもしてらっしゃるんですね。
後新キャラかと思った子、連載している漫画に登場してますね!
楽しみだなあ!

「KHUX」二周年記念メダル(?)

まずはこれを御覧いただきたい。KHUXに実装された二周年記念メダルの背景です。

f:id:ichizm:20170923110002j:plain

おわかりいただけただろうか……!
これ、ブラウザ版の二周年記念イラストなんですよね。思い切り背景にXって書いてあります。
使いまわしですが、ここの運営は一周年でもブラウザ版の一周年のイラストを使いまわしたという前例がありますので、嘘でもミスでもなんでもなくて、単に使いまわしを悪としていないのか、それとも追体験だからブラウザ版使ってもいいと思っているんでしょうねえ。
残念ながらこの絵が使われたメダルもハイパーインフレの前では即成仏でした。

そして現状、「引かねば人権すら無い」と言われるメダルがこちらです。

f:id:ichizm:20170923110854j:plain

確率の差異をなくすために生まれたストッパーがなぜかない青天井カイリ。
この運営はなぜかカイリ大好きで、カイリが既存の環境を常に破壊しインフレを助長していくのですが、その結果既存カイリをカイリが殺し、カイリを殺したカイリを更にカイリが殺すというループが完成しています。
そして青天井ガチャは案の定ユーザ離れを加速させるのでした。引かなければ人権がないのならば引けなかった人は引退するしか無いじゃない! というわけでセフィロスに次ぐ引退祭りの予感がひしひしとしています。わたしはもう遠くから眺めてるだけの存在になっているのでどうにも。

 前回供養記事:
pandaco.hateblo.jp

「グラマル」良ゲーのサービス終了

大好きなアプリがメンテ明けに一番聞きたくないお知らせをしました。

f:id:ichizm:20170917103307j:plain

グラマルことグランマルシェの迷宮はインディーズゼロが開発したゲームですが、スクエニの元で運営していたのでやはりスクエニの運命からは抗えなかったということになりました。9月で丁度一周年を迎え、一周年イベントが終わったと同時の告知でしたので、プレイヤーの間では衝撃が走り、わたしもまだ受け止められていません。

グラマルはスタミナ制なしのマインスイーパー型ゲームでして、初期の頃はそれこそ諸々ひどい有様だったのですが改良に改良を重ねてどんどん遊びやすくなっていきました。何故かといいますとユーザーにとても近い運営だったからです。ユーザーの声を聞き、アンケートを取り反映する。それをユーザーも分かっていましたので積極的にアンケートに参加する。そうやって幾つもの問題点は改善されていきました。

課金要素はガチャがありましたが初期からストッパーがついていたり、途中で排出確率が大幅に上がったり、そもそも★5の最高レアだけが当たりではなく、このキャラがいないと攻略不可というイベントがないため程よいバランスだったと思っています。特に低レアの救済にはかなりの力を注いでいますが、それは単に救済という形ではなく、キャラ愛という形で、どのキャラも申し分なくイベントで輝いて使用することが出来るという最高の形だったと思います。
また大抵のソシャゲは不便なところに課金要素を置いています。キャラ枠とかアイテム枠とか遊ぶ上で支障のあるところに課金要素を配置し、遊びたけりゃ課金しろという姿勢ですが、グラマルにおいてはユーザーが課金させてくださいという形で課金要素と化したシステムさえあったほどです。

f:id:ichizm:20170917103258j:plain

またグラを売りにはしていませんでしたがキャラグラはかなりのものでして、こうして公式から設定をちょくちょくツイッターで出してくれたので脳内創作はかなり捗りましたね。絵はとても綺麗です。かわいい女の子だけではなくダンディズムあふれるおじさまもたくさんいらっしゃいます。お笑い枠も居ます。全員愛されています。

ソシャゲと言えばクソゲー糞運営とボロカス叩かれる中、こんなに愛されているグラマルが何故サービス終了に至ったのかわたしのゲスパーで考えてみればそれはもう、人口の少なさに起因しているのではないのかと思います。
推測の域をまったく出ませんし何を言っても無駄ですが、兎にも角にもプレイヤーが少なかったのです。広告も殆ど見かけませんでしたし、たまーに見ましたが打ちまくっているとは思いませんでした。
workingや黒執事ともコラボしていましたが、果たしてそちらのファンがグラマルとコラボしていたのかを知っているのかという点すら不明です。居たのよシエル、居たのよぽぷら、グラマルに居たのよ……。

ツイッターでは未だに阿鼻叫喚が続いています。わたしもしばらくは立ち直れそうにないです。
今開催しているイベントでプレイヤーの名前を見ていると大抵、感謝とかありがとうとかそういった名前になっています。運営のツイッターでもサービス終了後も何かしら残したいとツイートしています。こんなにたくさんの人に愛されて未練を残して終了するソシャゲも早々ないでしょうね。わたしはもう出会える気がしません。