ぱんだこ

筆者イチハラの独断と偏見にまみれたゲームプレイ雑記

FF12、ライセンスボード完了

騎士バッシュとフラン姐のLPが6000位余っていたので、全部埋めてみました。
それでも3000位残ってしまったり。どうしろと云うの。
一般人パンネロさんは、この間LP9000超えに成ってました。どうしろと。
フィールドの敵が弱過ぎる場合はヴァン一人で走らせています。

FF12、ストーリーはフォーン海岸迄進めて、いつもの様にサブイベントを進める事に。
※「ボーパルバニー」「アトモス」ランクC。
通常攻撃だけでいけます。特筆すべき点も無いかと。

※「マインドフレア」ランクB。
ヘネ魔石鉱に出てくるモブ。厄介なのが「アンチ」。HPとMPを入れ替える。HPが雀の涙程に成る代わりにMP全回復なので、別に危惧すべきでも無い。回復出来るしね。

※「ブライ」ランクB。
恥ずかしい位の光を放ちながらサリカ樹林に居ます。ボコボコ。

この時点でランクAの「ブラッディ」が出てくる場所がバルハイム地下道だったので、カギは入手してるものの、取り敢えずモブ討伐は置いといて、門の修理(モーグリ集め)を終えてサリカ樹林からモスフォーラ山地に降りてくると、何やら集落でざわついている模様。装置を弄ると「浮き草」が出て、行けなかった場所に行ける様に成るらしい。

南々風の祠に触れる → チョコボ(はぐれチョコボでも可)に乗ってマップの「!」印がある部分を渡り、その儘「チョコボから降りて進む」所迄疾走する → 岩を崩す → お姉さんが吃驚する(話し掛けると) → 西々風の祠に触れる → 西北風の祠に触れる → 出来た道を行くと「召喚獣エクスデス

召喚獣ですが、当然の様にバトルです。しかもアイテム禁止。
フレアー(今回は伸ばすらしい)やらコラプス(全体・2000強)の技を放ってくる。騎士バッシュがストップに成った時は流石に焦ったが、魔法使えれば怖くない。召喚ライセンスゲット。4体目の召喚獣です。今回一度も召喚使った事無いんだが、これからも使いそうに無いんだが。ううううん。対精霊用なのかなあ。

満足して次はバルハイム地下道へ。(未だ依頼受けてない状態)
入り口が何処か判らなかったけど、崩れ落ちた入り口の上のエリアでした。カギを使って中に入る。Lv8の蛙とか居る。弱いなァと思ってたら、行き成りLv39のデッドリーボーンがわらわら登場。しかもゴーストみたいなのがタッチして状態異常させまくってくる。エスケープしても沸きが収まらないので、取り敢えずボコる。(単純作業は強い子)明らかにボス前のセーブクリスタルがあったのでセーブ。次の部屋に入ると、可憐な美女(目隠し付き)を抱いた骸骨が登場。なんだこいつ、萌へ!とか思ってたら、物理攻撃が届かないわ、デッドリーボーンはわらわら沸くわ、どうしようもない状態に。「キル」で1人ずつ殺されるので、すぐさまフェニックスの尾で復活。しては死ぬ。エンドレス。エンドレスしてたら、外に追い出された。バルフレア曰く、「長期戦が嫌い」。なんだ、それは。アイテム減ってたのでリセット。

フェニックスの尾とレイズについてですが、今回の仕様は、フェニックスの尾は使用者の横に復活。レイズは死んだポイントで復活。のようです。つまり状態を立て直したいならば、後衛にフェニックスの尾を使ってもらうが吉。

長期戦に持ち込めないならどうするか。答えは簡単です。ザルエラは聖が弱点。
ガンビットを蘇生系と、「自分自身→リフレク」「自分自身→ケアルダ」で面白いように倒せてしまいます。唯「キル」や「素数デス」(だったかな)は避けようがないので死んでください。フェニックスの尾が10個無くなる辺りで倒せました。下手に動かない方が良いです。デッドリーボーン沸くから。召喚獣ザルエラのライセンスゲット。5体目です。

※「ブラッディ」ランクA。
先刻居たバルハイム地下道に突入。エスケープし続けているとブラッディが空から降ってくる。飛行タイプなのでサンダラでボコボコ。

※「キャロット」ランクH(ハイパー)。
てっきり人参かと思ったらモルボル。しかも巨大。「すごくくさい息」とか何とかで状態異常オンパレード。万能薬投げまくり。被ダメ1000とかフザケ。とか思ってたら「驚異」とか云う技でレベル2倍。被ダメ3000。ババババッシュさん!回復はアーシェとフランがやるからお前は殴ってて!?とか凄いはらはらしながら戦闘終了。勝ちました、けど、万能薬が20個無いとかフザケてる。もう戦いたくないです。「空賊の隠れ家」にキャロット登場。

クランランクが「クライムアヴェンジャー」に。永久バブルアクセサリ売ってないけど、既に4つ所持してるので問題無し。ロビー倒すか幻妖の森行くか。