読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱんだこ

筆者イチハラの独断と偏見にまみれたゲームプレイ雑記

FFⅩ-2、のののの

FINAL FANTASY 10
ミヘン街道の犯人をリンにすることに成功!
Slv5になって早々ミヘン街道に向かうと旅行公司へご案内。いつもなら外に様々な人が集合しているが、今回はリンとチョコボしかいない。おっ、なんだか成功したみたい?と思っているとリンから調査結果を話される。
……なんだかリンが犯人じゃないような言い方ですが。と不安になるとユウナさま覚醒。いきなりつらつらと事件の真相を語り始め、なんだか急に頭がよろしくなる。リンにさえ「さすがユウナ様、みくびっていました」とか言われちゃう。
あそこまではっきり「都合の悪い事は握りつぶします」と言われてしまうとそりゃエピソードエンドにもなるわ。リンの言う相手はシンラじゃないか。

だいじなもの「ギップルスフィア」をてにいれた!

……ギップルスフィア?ギップルのスフィアではなくて?
ヌージのスフィア、バラライのスフィア、パインのスフィアがあるのに、ギップルスフィア。妙だ。のが無い。
鑑賞して合掌。

思うんだけど、アニキがギップルを助けない理由が「もてるから」というのは非常に明解で気持ちがいい。マスターダーリンのイベントでの「俺、ユウナの背中が好きなんだ」というのも好感がもてる。そして要所要所妙な踊りで癒してくれる。10-2での男性陣の中では一番輝いてたよ!(しかしブリッツでは空気)

青色公司と銀色公司は引き分けで合併したのでアトラクションは二つ増え、景品は二倍になった。うひひひ。200万でLP購入。
気付いたらミヘン以外エピコンプだ。お宝スフィアコレクションはパインを残すのみ。パインはラスボス前で必ず手に入るので後回し。ベベル廊も行きましたよLv3で。最大HP300はやっぱり怖いな。