読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱんだこ

筆者イチハラの独断と偏見にまみれたゲームプレイ雑記

お詫びソフトプレイ

GAME
勇者のくせになまいきだor2、と、パタポン2を貰いました。
予想以上にハマって、ゆうなまは続編も欲しいんですが、パタポン3は体験版の時点でつまらなかったので続編はいらないかな。

ゆうなま。
ステージ5までいきました。チャレンジクエはS取るために奮闘中。トカゲ男24体がどうあがいてもS取れる気がしない……。これは慣れだな、慣れだ。
コケのテクニックとかも慣れるべきだろうなあ。

パタポン
ドM心のくすぐられる仕様
わたしは唯一ゲームを始める前に必ず確認するものがあり、それは「取り返しのつかないこと」があるかないかということです。
このゲームにおける取り返しのつかないことは、カッチンドンガからのアイテム二個取りであり、他のボスからのレアアイテムをスルーすることなんですね。ワオ、えぐいね!
そんでカッチンさんを倒すべく素材集めをしていたら、他のボスが頻繁にレアアイテムを落とすようになってしまい、素材集めに支障をきたすようになってしまったんです。聞けば、レアドロップ率というのは内部で上昇し続け、いずれ100%になるのだと。
というわけでドンガさんにレアアイテムを落としてもらい、拾わずにレアドロップ率を下げ、カッチンさん一回目にはレアを落とさせないで乗り切ることにしたのです。

(カッチンさんの仕様、一回目)(卵を必ず落とすが、レアも落とす)(カッチン含む裏系ボスのレアドロップ率は元々高いので、八割位落とす)(残りの二割に賭けてカッチンがレアを落とさないのを祈るだけ)

で、カッチンさんはベヒーモスさながら死ぬ間際に攻撃をするんですが、その間にポンパタを二回打てるような余裕があるんですね。なら死ぬ直前にポンパタで下がりまくってればいいじゃん?との思考をめぐらすが、この戦法は倒した時の怯みでレアが出た場合にしか通用しないのだった。何とかレアが出ないか、出ても最後に出るのを祈ってカッチンに挑むこと五回目、遂にカッチンはレアを出さなかった!ハラショー!

つー訳で、カッチンからカッチンへの繋ぎとして、センチュラやモッチチ、ドガインを倒し、レアドロップ率をさり気なく上げて、吹雪の日にカッチンへトライすると二個取りがスムーズになりました。
ダラチュラはレアを落としやすいからパス。素材集めとしては体力高いからいいんだけど。素材集める時はヒーローを弓のモリウッソーのシュババッサにして木の弓装備。最弱武器で倒されるボス達、哀れだわ。

カッチンで潤ったアダマンマンや戦利品を使い、神武器16種と魔武器16種コンプリート。アダマンマンはドドンガ卵Lv5↑のドンチャカパーフェクト取って、アダマンマン入手したら何も宝箱開けずに帰れば鍛冶屋の金も集まるしオススメ、てか金欠の時これやった。進化させすぎてお金無くなっちゃうんだもの。

上に書くようにドンハマりしてるけど、これやってる最中左手がまるでやる事ないんですよね。「左手は添えるだけ」状態。
ついでに一度だけフリーズしました。部隊編成画面。フリーズするんだねえ。