ぱんだこ

筆者イチハラの独断と偏見にまみれたゲームプレイ雑記

体験版とリンダキューブアゲイン

FF12初期レベル初期HP初期MPは全部まとめてからサイトにアップしようかと考えてます、それなりにアレな内容ですし。
ギルウェガンで止まってることもありますけどね。お金が足りんのです……。

■ここが変だよ体験版、俺の子供を産んでくれ
まず圧倒的におかしいのは説明書の41ページをめくると電源落ちっていう点ですね。もう不具合ってレベルじゃない、いや不具合だけど。前からPSP自体に負荷がかかりすぎると電源が落ちるのはあった。なんか重たいサイトとか見ると偶にね。でも説明書(解説書?)読んでたら落ちるとか新展開すぎてついていけないっすよ。
このゲームは俺屍にギャルゲー要素を足したものみたいで、まあとにかく女の子が狙ってくるんですよね、萌え的なあれを。でもね、大半の萌えがかぶってるの。12人もいるんだからね、しょうがないっていえばしょうがないね。ぼくは断然スゥちゃん!
でもミレイさんが誕生月だといきなり弱い子供産むのはどうかと思うのよ。月ずらせば最強クラスぽんぽん産むのにね。でも誕生月合わせたルカが一番強い子供産みますね、結局。メールシステムまじやめて。

ダンジョンは一度入れば変わるトルネコ式で、主人公の特殊能力で「自分より弱い敵を戦闘に入らずに倒せる」というスキルがあるのにも関わらず、敵のレベルはこちらのレベルと連動式なので死にスキル化してますよねこれ。低レベルでダンジョンをクリアしろというものならこのスキル要らなくないかな。
戦闘のテンポがとにかく悪い(二倍速あるけど戦闘に入るたびにコマンド入力)のと、子供のAIが中々ばかなので、結局いちいち指示するのが一番マシ。
敵に関して更に言えば、正面に防御の高いやつを置いておけばそちらに攻撃し続けてくれるという中々ばか設定。

さて、長い間放置していたリンダキューブアゲインに手を付けました。
知人から「絶望するよ」「ぐろいよ」と散々忠告されましたがコケコッコーなのです。

ストーリーは超展開の連続なのでバッサリはぶきますが、「ああn」を聞きたいだけにエターナへ通っていたのは内緒だよ!ここまで露骨だと嫌らしくないですね。まあ「あなたとお話しできるはないの」というセリフにぐっときましたよ、ぐっとね。
最後の「遺跡のそばの赤い階段」が分からなくて、捕獲条件を大幅に超えレベルもあがりまくりオオカミをペットにして、やっとヒュームに会いに行った時にはハッスルⅢを使わずにボッコボコ★という展開になりました。ヒュームは殴られるたびに何故に絶頂してるんでしょうね、リンダだからでしょうか。

ストーリーよりも街中の人々に話を聞いてたのが印象的でした。
例えば、シナリオAの最中、街中の人からこんな話を聞いてました。
■ヒュームの口癖は「愛する人とはいつも一緒」→ラスボス
■コシタカの町長が15年前に首切りまくってサンタ化→ネクェ……
■色んな場所でネク目撃情報
■ビーストチャンの若い女失踪→エリザベス
とかね。まあ、「街中の人の話なんて聞かなくていいの、大体意味のないことだから」みたいなセリフもあるんですが、かなり重要っぽいことも話されるんで一度は聞いておきたいですね。

シナリオB。
なんかいきなりヒュームとアン吹っ飛ぶ。
ヒュームの左腕がリンダにくっつく。
箱舟登録にはリンダの左腕が必要なのにオワタ!←いまここ

回収したパラレル点。
■エターナの製薬会社で事故があったらしく、バンハイム死んでるかもしれない。
■ミナゴで起きた事件可能なのは、町長とゴメスとヒュームらしい。
■今回サチコ重要っぽい。Aでは彼氏できただけなのに。なんか家あるらしいよ。
■季節変化表示なくなった?
■相変わらずビーストチャンの死体は変わらないんですね。ヒュームが黒人なのにリンダが生まれた理由は、すべての遺伝子よりビーストチャンの遺伝子が優秀だから(母親がビーストチャンだから)みたいですね。あと結局ヒュームってハッスルⅡ服用してなかったみたいだけどそれはどうなんだろう。