ぱんだこ

筆者イチハラの独断と偏見にまみれたゲームプレイ雑記

「FEH」と「KHUX」から見える問題点

結論だけ言うと「ガチャ引いて育てるしか楽しみがない」ということです。
(※個人の感想です)

いやねガチャが悪だと言うつもりはないんです。売上のほぼ全てですからね。
だから引かせたくなるというのは悪ではないですし、寧ろ売上を伸ばすのは絞ったりとかそういうことも当然必要だとは思うんですよ。排出確率が0.2%とか一点狙いは沼とか、それもまた然りなんですよ。データを売ってるわけですし。

データを商品として売っている以上、そのデータに関してはチェックを怠ってはいけないと思うのですが、KHUXが原作無視のキーブレードメダルをぽーいとガチャに投下したり、既存メダルと全く同じ絵柄の限定メダルを出す(修正予定と予告)(但しガチャに追加済みから一週間後予定)なんてチェックのゆるゆるなことをしていると、そのガチャすら楽しみではなくなります。

pandaco.hateblo.jp

ガチャしか楽しみがないのに当のガチャがポンコツを極めているというのは致命的で、更にソシャゲ特有のインフレに巻き込まれた日には目も当てられません。その最たる例が恐らくFEHと思われます。

FEH、ファイヤーエムブレムヒーローズは2017年2月2日に配信されたインテリジェントシステムズ開発・任天堂発売による、シリーズの第15作目となるSRPGです。シリーズ自体にかなりの歴史がありますからリリース前はかなりの評判でしたが開けてみれば覚醒・ifキャラ優遇の販促ゲームでした。

f:id:ichizm:20171030121948p:plain

そして既にインフレは末期です。

他のソシャゲでは一年二年かけてするインフレを既にやらかしているFEHは、4月にイースター、夏は水着、ハロウィンとコスプレをさせその度にインフレ。既存キャラへの救済は一切なく、新規キャラ(シリーズ偏りあり)をガンガンガチャへ投入。苦労してガチャを引いても数ヶ月否数週間後にはインフレして使い物にならなくなるかもしれないという一抹の不安をふっ飛ばし、全てをぶちころがす環境キャラをあっけなく入れてしまうところがインフレ末期を感じさせてくれます。

FEというシリーズが好きでキャラに愛着があって愛でたい強くしたいと思っている人ほどガチャに落胆する日々ではないでしょうか。「FEH 問題点」で検索すればかなりたくさん出てきますし、恐らく前評判と任天堂初のソシャゲということでプレイしている人も多かった筈です。

「ガチャを引いて育てるしか楽しみがない」のにも関わらず、
「インフレに逆らえない」ので「ガチャを引く意味がない」んですよね。

ちなみに今回のアイラ炎上(新ガチャ三連続)(事前告知なし)(既存弱キャラと新強キャラ抱き合わせ)に関しては、わたしはふーんとしか思いませんでした。ふーん任天堂もそういうことやるんだーという感じです。
今度どうぶつの森も11月下旬に出るらしいんですが、そういう目線で見ていきたいと思います。