ぱんだこ

筆者イチハラの独断と偏見にまみれたゲームプレイ雑記

「キメラリコレクト」プレイ感想

製作者さまTwitter

twitter.com「キメラリコレクト」は「心鎧リコレクト」を前作とした、お一人制作の個人ゲームです。

f:id:ichizm:20180813084614j:plain

(ちなみにこのタイトルロゴ、ゲーム中でも出てくる場所があるっていうことはあそこで一旦区切っているという解釈でよろしいんだろうか)

ゲームシステムは爽快ドット粉砕ゲー。昔FLASHゲームで良くあった、ボールを弾いて敵のドットを破壊していく(そしてムフフな絵を見れる)タイプのやつです。あムフフな絵は見れませんよ。ターン制ではなくガードの概念もないのでひたすら殴り合います。避けるという行動もあるっちゃあるんですが、こちらのスピードによっては避ける→跳ね返って元の場所に→被弾というパターンが多いです。敵の攻撃範囲が見える位置より広いんですよ。亜空間タックル状態ですね。なので完全に避けられる場合を除けば短期決戦での殴り合いが好ましいです。

f:id:ichizm:20180813084610j:plain

そして特筆すべきは「キメラ」な部分。右下の三つのパーツ、頭胴尾を組み合わせることによって最初は小さなキメラがどんどん強くなりどんどん大きくなります。右図が大きくなった図なんですが、もっと大きなキメラになったりします。もうなんていうか、まがまがしいです……。

 と、まあゲームシステムとか諸々については他サイトで触れてるので良いとして少しネタバレを含んだ感想を話します。
まずストーリー。前作を遊んではいないのですが前作をにおわせる台詞が少しあります。当然遊んでいないのでなんのこっちゃの話です。そしてあらゆることが唐突でにおわせすぎで、二周したんですがストーリーについては良くわかりませんでした。
一家には父・母・兄・姉・妹・犬が居て、キメラの正体は犬なんだろうなっていうのは分かるんですが、妹の時間が止まってたり母がラスボスめいた台詞を吐いたり兄なのか兄じゃないのか良くわからなかったり、兄が存在しない誰かを憎んでいたりと伏線だかにおわせだかわからないことを言っています。続編を作るつもりなのかアップデートで追加されるのかは不明ですが、正直ストーリーはおまけ程度でいいのでスキップ機能は欲しかったですね。

また二周目をプレイしているのですが二周目の旨味はほぼわからないです。一周で事足りてる感がスゴイです。もうすぐ二周目の終わりなのでここらで一周目と別ルートを期待していますが無理そうです。パーツを集めたりパーツを鍛えて大きくするのは楽しいんですがどうしてもその先はないです。また敵の攻撃パターンから近付くメリットがほぼなく、遠くから全体型魔法ぶっ放してるほうが安全で楽というのも。初めは貫通強いや! 暴走はもっと強いや! とか思ってたんですけどね。

個人制作ということで今後には大いに期待が持てそうです。
だから個人制作ゲーを遊ぶのはやめられないんですよ。